ロシア、カスピ海沿岸で絶滅危惧種の死骸漂着「少なくとも170頭」
ロシア・ダゲスタン共和国のカスピ海沿岸について、研究者らが明かした。ここ数日間、絶滅危惧種のカスピカイアザラシ少なくとも170頭の死骸が漂着。研究者は、死因について産業公害や漁業や密漁で網にかかった可能性を指摘

【170頭】ロシアのカスピ海沿岸で絶滅危惧種のアザラシの死骸漂着専門家は死因について「産業公害や、漁業や密漁で網にかかった」可能性を指摘。「気候変動の影響かもしれないし、複数の要因が同時にあるかもしれない」とも述べた。

test ツイッターメディア -【170頭】ロシアのカスピ海沿岸で絶滅危惧種のアザラシの死骸漂着https://t.co/ACy2YhPGX8専門家は死因について「産業公害や、漁業や密漁で網にかかった」可能性を指摘。「気候変動の影響かもしれないし、複数の要因が同時にあるかもしれない」とも述べた。 https://t.co/hUM2lYZiLN

@nexus_phase72021/05/08 01:07

『「産業公害や、漁業や密漁で網にかかった」可能性を指摘。「気候変動の影響かもしれないし、複数の要因が同時にあるかもしれない」』科学者の言としては妥当なのかも知れんが、無知蒙昧な一般人感覚で言うと「一体どれやねん」って感じだ😅

@Dreamarcana2021/05/07 14:58

アワワワワワワ((( ;゚Д゚)))